婚活パーティーの服装

婚活パーティー・お見合いパーティーに初めて参加するときは、どんな服装で行けばいいのか悩みますよね。

女性はワンピース、男性はスーツが定番と一般的には言われています。

しかし定番のスタイルといっても、それがあなたに合っているとは限りません。

「かわいいワンピースは私のキャラじゃないんだけど?」

「たかがパーティーにスーツで行くのって不自然じゃない?」

こんなふうに、普段のあなたと違いすぎて戸惑っている人もいるんじゃないでしょうか。

和美和美

普段の自分と違うファッションをするのは難しいわよね。

そこで、婚活パーティーの参加者は実際どんな服を着ているかを写真つきで紹介します。

婚活パーティー・お見合いパーティーの服装のポイントを、男女別で解説します。

マサトマサト

これを見ておけば、一番最適な服装が分かるな。

実は、多くのサイトが紹介している「婚活パーティーでモテる服装」には大きな誤解があります。

多くの男女が陥っている婚活パーティーならではの勘違いについてもお話しますね。

スポンサーリンク


みんなどんな格好で参加しているのか

婚活パーティーは「パーティー」といっても、結婚式の二次会のようなパーティードレスは必要ありません。みんなわりと普通の格好で参加しています。

デートやおしゃれなレストランに行くときのようなキレイめカジュアルの人が多いですね。

初めてパーティーに参加するときは、とりあえずみんながしている格好をしておけば、最低限浮くことはありません。

婚活パーティー・お見合いパーティーの参加者が実際どんな服装で来ているのかを見てみましょう。

まずは、女性・男性それぞれで最も無難な服装を紹介します。

女性の服装

女性はブラウス・スカートの組み合わせか、ワンピースの人が多いです。

色は白・淡いピンク・水色などパステル系の洋服が中心ですが、30代以上になるとモノトーン系の洋服も増えてきます。

女性の服装例

イメージとしては、上の写真のような女性が多いです。

スカートとパンツの割合はスカート8割・パンツ2割ぐらい。ただし、バスツアーやアウトドアパーティーだともっとカジュアルな人も増えてきます。

和美和美

やっぱり女性はスカート派が多いのね。

あまり頑張り過ぎても浮いてしまうので、「頑張り過ぎず、手を抜き過ぎず」ぐらいがちょうどいいでしょう。

男性の服装

男性は平日のパーティーか休日のパーティーかで、洋服の系統が変わってきます。

平日は仕事帰りだけにスーツの人が多く、スーツ6割・私服4割ぐらいの割合です。

逆に休日のパーティーは私服の人が圧倒的に多く、スーツ1割・私服9割ぐらいです。ジーンズで参加している人も2割ほどはいます。

男性の服装例

休日は上の写真のような人が多いですね。襟付きシャツにジャケットを組み合わせた小奇麗な格好の人が多いです。

ジーンズやスニーカーの場合も、ジャケットを羽織ってフォーマルを装っています。

マサトマサト

わりとラフな格好でも大丈夫なんだね。

スーツでの参加をすすめているサイトもありますが、実際は休日にスーツだと浮いてしまいます

特に20代向けのパーティーではカジュアル派が圧倒的に多いのでご注意を。

スポンサーリンク


多くの人がしている服装の誤解

勘違いな服装

婚活パーティーの服装について調べると、女性向けに「モテるコーディネート」の記事がたくさん出てきます。

多くの女性はそれを見ながら「着て行く服がない!新しく買わなくては」と焦っているかもしれません。

しかし、ここに大きな勘違いがあります。

婚活パーティーに来る男性は、女性の服装をそんなに重視していません。

いくら頑張ったところで、多くの男性はあなたの服をそんなに見ていないんです。

というのも、婚活パーティーに来る男性は恋愛から縁遠い環境で過ごしてきた人、いわゆる非モテの人が多いです。

そういう男性はたいてい自分に自信がありません。

なのに女性側がおしゃれにキメてこられると、「自分には手に負えそうにない」と気後れしてしまうんです。

むしろ、「自分はおしゃれに自信がないから、Tシャツを着ているぐらいの素朴な子がいい」と思っている人もいるほどです。

和美和美

なるほど。そんなに着飾る必要はないのか。

モテコーデは「イイ男をつかまえるため」のものですが、そもそも恋愛慣れしたイイ男は婚活パーティーにはやって来ません。

恋愛慣れした男性にはバッチリメイクやきれいなネイルにも好意的ですが、恋愛下手な男性にはそれらは「得体のしれないもの」に映ってしまうんです。

だから、「イイ男向け」のファッションをしても意味がないんですね。

女性は後ほど話す最低限のポイントを守るだけで十分です。

なにせ男性は「自分でも釣り合う奥さん」を探しているのですから。

あまり頑張り過ぎず、手に負える感を出していきましょう。

和美和美

私たちが思うほど、男性は女性の服装を気にしてないのね。

逆に男性は、自分が恋愛下手な非モテであることを自覚してください。

あなたは女性の服装を気にしてないかもしれませんが、女性はあなたの服装を厳しくチェックしています。

婚活パーティーでカップリングできない男性は、勘違いな服装をしていることが多いです。

つまり、女性が望む最低基準を満たしていないんですね。

「自分のファッションはおかしいのかも?」と自覚をして、後ほど話す注意点をしっかり押さえましょう。

マサトマサト

女性が望む最低ラインに達することが第一なんだね。

このように、婚活パーティーに来る層は一般人とは少し違うので、一般人向けのアドバイスはあまり役に立ちません。

婚活パーティーでは一般の恋愛とは押さえるポイントが違うんです。

では、婚活パーティーの服装で注意すべきポイントを、もっと具体的に見ていきましょう。

女性が注意すべきポイント

女性の服装

婚活パーティーでは、女性は清楚感を出すのがポイントです。

やはりワンピース、ふんわりしたスカート、カーディガンなどの女性らしい服装は、男性からの支持が熱いです。

「ワイドパンツやガウチョは女性らしくないからNG」と言われていますが、男性はそこまで見ていません。

全体的に女子アナ風のコーディネートでまとめるといいでしょう。

それより大事なのは「奥さんにしてもいいか」という視点です。

高価なアクセサリーやブランド物のバッグは「結婚するとお金がかかりそう」と思うから、男性にはウケがよくありません。

露出度の高い服も遊び相手なら構わないですが、自分の奥さんとなると男性は引いてしまいます。

女性のファッションに対する頑張りは、婚活男性にとっては負担になることが多いという事実を知っておいてください。

メイク

基本はナチュラルメイクです。ナチュラル好きな婚活男性は非常に多いです。

つけまつげやまつげエクステも、男性から見たら「?」なものに映ります。

女性の頑張り過ぎるメイクは、婚活中の男性にとっては厚化粧に映るので注意してください。

ネイル・香水

男性は女性が思っている以上にネイルに否定的です。

綺麗にデコったネイルは女性受けはいいですが、婚活男性にとってはアクセサリーと同じく「お金がかかりそうだな」と思われてしまいます。

香水もキャバクラ嬢がしているにはいいですが、自分の奥さんがしているとあまりいい気はしません。

マサトマサト

偏見に感じるかもしれないけど、恋愛経験の少ない男性はこう思ってたりするよね。

婚活ではとにかく結婚できる相手かどうかが重要になってきます。

一般的な「モテコーデ」とは違った視点が必要なのを知っておきましょう。

男性が注意すべきポイント

男性の服装

男性が一番に気にしてほしいのが清潔感です。

爪が伸びすぎていたり、ヒゲの剃り残しがあったりしませんか?女性はこういうところをしっかり見ています。

それと注意して欲しいのが、鼻毛が出ていないかどうか。普段生活していても鼻毛が出ている人っているんですよ。びろ~んって(苦笑)。

勝負服として何年も着回した服を着ている人がいますが、古い服はすぐにバレるのでNG。

最低限、今年買った新品の服を着ていくようにしましょう。

和美和美

初歩的だけど、こういう部分ができてない男性は多いわよね。

スーツの場合はいかにも仕事帰りなダボッとしたものではなく、タイトなものを選んで。

夏はクールビズのつもりでも、ワイシャツによってはおじさんに見えてしまいます。

ボタンダウンのシャツにしたり、ネクタイを華やかにするだけでもオシャレな人に見えますよ(女性はこういうところを細かく見ています)。

ヘアスタイル

お見合いパーティーでは第一印象が勝負。第一印象の決め手となるのがヘアスタイルです。

ボサボサの髪はNG。ここでも清潔感が求められます。

薄毛の人が帽子や髪の毛でハゲを隠そうとしてるのもよくありません。むしろ短髪でオープンにした方が印象はよくなります。

髪型さえきちんとしておけば、イケメンじゃなくてもある程度評価されますよ。

臭い

なかなかカップルになれない男性は、口臭や体臭がNGポイントになってることが多いです。

特に個室スタイルの婚活パーティーでは、臭いが伝わりやすいのでご注意を。

口臭や体臭は自分では気づきにくいもの。パーティー前はコーヒーやにおいのきつい食べ物を控えましょう。

普段からも歯医者に行ったり制汗剤を使ったり、こまめなケアをしておきたいです。

まとめ

洋服

婚活パーティーでは、男性と女性で服装に対する意識に差があります。

女性は頑張りすぎな傾向があり、男性は頑張らなさすぎな傾向があります。

婚活パーティーには恋愛下手な男性が多いので、女性と男性の間にギャップが生じやすいんです。

なので、服装に対する男女別のアドバイスはこうです。

女性は頑張りすぎない。
男性はもっと頑張る。

婚活パーティーでは必要以上に着飾る必要はありません。普段よりも少しおしゃれくらいのレベルで十分です。

ただ、参加している男性層を考えると、女性は頑張りすぎないぐらいがちょうどいいです。

そして、男性はもっと頑張るぐらいでバランスがとれるんですね。

会話時間の短い婚活パーティーでは、服装は大事なポイントです。

男性も女性も注意点を押さえて、素敵なパートナーを見つけてくださいね!

▼▼次は▼▼
「プロフィールカードの書き方」

婚活パーティーのプロフィールカードで絶対に失敗しない書き方とは

おすすめ婚活パーティー

おすすめ婚活パーティー

婚活は自分から動かないと始まりません!

まずは口コミ評価の高い婚活パーティーに参加してみましょう。

私たちが実際に10社以上に参加して、「ここはイイ!」と感じたパーティーベスト3を紹介しますね。

  1. PARTY☆PARTY
    PARTY☆PARTY

    少人数で行われる「プチお見合い」がメインの婚活パーティー。個室で1人1人とじっくり話せます。

    システムもスタッフの対応も、全てが他社より頭一つ抜きんでています。

    参加者の質が高く、男女ともにおすすめできるパーティーです。

    >>パーティー内容を見る

    >>口コミ・評判を見る

  2. ホワイトキー
    ホワイトキー

    大人数パーティーの中では最もシステムが優れている婚活パーティー。

    中間発表のコンピューター相性診断で、自分の人気度やカップリングしやすい相手が分かります。

    どのパーティーも参加者が多く、誰でもカップリングしやすい環境がそろっています。

    >>パーティー内容を見る

    >>口コミ・評判を見る

  3. OTOCON(おとコン)
    おとコン

    30代・40代中心の大人向け婚活パーティー。少人数制で一人の会話時間が長く、進行がゆったりしています。

    真面目に結婚を考える参加者が多く、真剣度はピカイチ。

    ドタバタしたパーティーが苦手な人におすすめです。

    >>パーティー内容を見る

    >>口コミ・評判を見る

おすすめランキングをもっと見る

婚活パーティーよりネット婚活の方がうまくいくかもよ!?

婚活サイト

「婚活パーティーに何度参加してもうまくいかない!」という人は、そもそも婚活パーティーに向いてないのかもしれません。

口下手な人や奥手な人は、婚活パーティーよりもネット婚活の方が向いています。

使いやすいおすすめの婚活サイトを紹介します。

婚活パーティーが向いていない人へ 婚活サイト併用のススメ