婚活の告白は3回目のデートで

告白

3回目のデートで告白する理由

婚活でも普通の恋愛と同じように、交際を続けていくなら告白しなければいけない時がやってきます。告白はやはり男性から女性に告げた方がいいですね。

では、どういうタイミングで告白すればいいのか。ここでは男性が女性に告白をするという前提で話をしていきます。

まず、婚活パーティーで知り合った相手と3回もデートをしているなら、十分に脈アリだと言えます。

なぜなら、どんな人かも知らない男と3回も会うのは、少なからずあなたに関心を持っているということですから。

いくらお見合いパーティーでカップリングされたからといって、見ず知らずの男性と3回も時間を共にすることはありません。関心がなければ1回目・2回目のデートでフェードアウトしているはずです。

3回目のデートに応じてくれたなら、脈のある証拠です。自信を持ちましょう。

そして3回目のデートでは、告白することを念頭に置きましょう。

「告白は3回目のデートで」というのは、もはや鉄板的に言われてますよね?婚活ではない普通の恋愛でも「告白は3回目のデートがベスト」と言われています。

普通の恋愛では、4回目・5回目とデートを重ねるにつれて徐々に仲良くなっていくパターンもあります。時間をかけて好きになっていくというパターンです。

しかし婚活では、4回目・5回目とデートを重ねるとうまくいかなくなることが多いです。

なぜなら、告白という明確なアクションがないと、結婚を目標にしている女性は不安になってしまうからです。

「この人は私のことどう思っているのだろう?」と不安になり、明確な意思表示がないと「優柔不断な男」と見られてしまいます。その結果、「会っても時間の無駄」と思われ、他の人に走られたりするのです。

だから婚活で「3回目のデートでの告白」は、必ずしてほしいんです!

好きになっていなくても構わない

とはいえ、お見合いパーティーで出会った二人が3回目のデートでお互いを「好き」と思っているかというと、そんなことはまれだと思います。

だって職場や学校で会っているならまだしも、全く見ず知らずの二人ですよ。

お見合いパーティーから3回会ったとしても、10時間ぐらいしか一緒に過ごしていません。「好き」という感情が芽生えないのは当然だと思います。

「好きかどうか分からないのに告白してもいいの?」と思われるかもしれませんが、いいんです!

というか、してください!(笑)

「好きかどうか分からない」という気持ちは女性も同じです。女性も「この人でいいのだろうか?」という不安な気持ちのまま進んでいます。

だから、ここから一歩踏み出すために、このように告白をすべきなんです。

「まだ好きかどうかは分からないけど、真剣に考えてるからこれからも会って欲しいんです」と。

婚活での告白は「好き」と思えた時にするものではないです。「好き」と思えるまで待っていると、相手は離れていってしまうでしょう。

だから今の気持ちを正直に伝えましょう。まだ「好き」まではいってないけど、知っていきたいということを。まっすぐに言えばきっと相手にも伝わります。

今の気持ちを告白すれば、相手も一歩踏み込んできてくれます。この「お互いが相手に歩み寄ろうとする」ことが、婚活では最も重要なんですよ。

婚活の告白は「交際に向けた交際をしてください」と伝えることです。こうすることで、これからも会う約束ができるし、二人の仲を一歩発展させられます。

カップリングされたけどあやふやな状態でいる時は、ぜひ今の気持ちを素直に相手に伝えてみましょう。

一方的な「好き」はNG

告白

婚活では相手を好きになることが何より難しいのですが、中にはすぐに「好き」になってしまう方もおられます。まぁ、惚れっぽい性格なのでしょうね(笑)。

こういう方は気持ちが先走りすぎないよう注意してください。特に相手の気持ちとの「温度差」には要注意です。

男性が女性に「一目惚れ」することはよくありますが、女性はなかなか「一目惚れ」しません。女性は相手を好きになるのに時間がかかるんです。

なぜなら男性は「追いかける性」なのに対し、女性は「受け入れる性」だからです。女性は本能的に優秀な遺伝子を求めているので、相手をじっくり見定めてから受け入れる、動物としての機能が備わっているんですね。

このような女性に「好きです!付き合ってください!」というストレートな告白は危険です。その気持ちが負担になり、女性が離れてしまう可能性もあります。

もちろんこういった告白を「男らしい」と捉えて、なびく女性もいます。しかし「婚活」という場に限ると、そのようなケースは稀だと思います。

お見合いパーティーで出会った男女は初対面なので、どうしても恋愛感情が生まれるのに時間がかかります。特に女性は時間がかかるものです。

その時に男性の気持ちだけが先走ると、どうしても温度差が生まれます。何回も言ってますが、婚活で「温度差」は最も危険です。

男性の気持ちだけが盛り上がっていると、どうしても女性は引いてしまうもの。女性は追いかけると逃げると心得ておきましょう。

もし、あなたの「好き」という気持ちが先走っている時はちょっと待って!2回目のデートの注意点で挙げたような脈アリのポイントがあるかどうかをもう一度見直してください。

脈ありポイントがなければ、ストレートな告白は待った方がいいかもしれません。

婚活での告白タイミングまとめ

恋人

婚活での告白は早めがベストです。3回目のデートで告白するのが鉄板ですが、2回目でも構いません。遅くなればなるほど成功率は下がります。

そしてお互いが「好き」という感情に達していなくてもOKです。好きになるのを待っているといつまでも交際には踏み切れないでしょう。

「もう少し相手のことを知りたい」と思うなら、その気持ちを正直に伝えましょう。真剣に伝えれば、きっと相手にも伝わるはず。

思い切って踏み出してみましょう。素敵な恋人同士になってくださいね。

おすすめパーティー

  1. PartyParty

    少人数のプチお見合いだからじっくり話せます。参加者の真剣度も高い!

  2. YUCO.(ユーコ)

    常連が少なく、カジュアルな雰囲気でビジュアルの良い男女が多い。

  3. ホワイトキー

    コンピューター相性診断でカップリングされやすい相手が一目で分かる!

このページの先頭へ