印象に残る会話術

会話術

お見合いパーティーでの会話時間は1人3分ぐらいしかありません。

3分間の会話なんてあっという間。この3分間で印象に残る会話をするためには、コツとテクニックがいります。

お見合いパーティーでは特有の会話術が必要。コツとテクニックを紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

まずは共通点を見つけ出そう

まずプロフィールカードを見たら、何を話題にすればいいかを瞬時に判断します。

話題にするのは二人の共通点がいいでしょう。例えば趣味や住んでいる場所などで同じものがあれば、それを話題にします。

なかでも「場所」に関する共通点は効果的です。付き合うと「場所」がネックになることがあるので、住んでいる場所や勤務地が同じなら、積極的に話題にしましょう。

出身地が同じなら、地元のマニアックな話題を振るのもいいかもしれません。

人は共通点があれば親近感が湧きます。あなたも住んでいる場所や好きなものが同じなら、親しみがわきますよね?

相手が珍しいことを書いていたらそれを話題にしたくなりますが、まずは自分との共通点を優先すべきです。

プロフィールカードを一覧して、共通点があればピンポイントで攻めましょう。

会話は内容よりも雰囲気

お見合いパーティーでは会話の内容はあまり関係ありません。3分間の会話では、内容まで覚えていられないからです。

それよりも大事なのは、会話時の雰囲気。会話時のしぐさです。

3分間の会話で「また話したい」と思ってもらうには、内容よりも「この人と話すと楽しい」と思ってもらうことが重要。

楽しいかどうかは、会話時のしぐさで決まります。

会話は相手の目を見て笑顔で。腕を組んだり、ひじをついたりしてはいけません。

女性なら笑うとき口に手を持っていったり「モテしぐさ」をしてみるのもいいでしょう。

「人は見た目が9割」といいますが、これは外見の話だけではありません。表情やしぐさも大きなポイントです。

お見合いパーティーでは会話内容よりも重要な部分なので、常に意識しましょうね。

口下手でも大丈夫

「自分は口下手だから不利だ」と感じてる人もいるでしょう。

でも自分から話すのが苦手でも、誰でもできる会話テクニックがあります。

それは聞き上手になることです。

誰でも自分の話に耳を傾けられると嬉しいもの。あなたも相手が話を真剣に聞いてくれたらうれしいですよね?

話すのが苦手なら、聞き上手になればいいのです。

聞き上手になるコツは、上手に相槌を打つこと。いかにも相手のことに興味を持っている表情で「うんうん!」と相槌を打ちます。

この時少し身を乗り出しながら聞くのがポイント。言葉よりもしぐさでアピールしましょう。さらに目を輝かせながら聞くことができれば言うことなしです。

「話を聞いてるかどうか」は言葉よりも態度に表れます。普段から話を聞く訓練をしておくといいかもしれませんね。

聞き上手になる会話術

聞き上手になるには、他にもコツがあります。

これはカウンセラーが使う手法なのですが、「反射」と「共感」のテクニックを使いましょう。

「反射」とは、相手の言ったことをオウム返しする会話術です。

例えば「私はコブクロが好きなんです」と言われたら、「コブクロが好きなんですね」と同じことを繰り返します。すると相手は「そうんなです!どういうところが好きかというと……」というふうに話を続けることができます。

「へぇ~」「ふ~ん」といった相槌ではダメです。

「反射」のテクニックを使えば、相手はどんどんと話を続けてくれます。すると自然と会話が成り立つので、こちらからは話すことなく会話のキャッチボールができるのです。

また、相手の動作を真似るというのも、「反射」のテクニックです。

例えば相手が首を傾けたら、自分も同じ方向に首を傾けます。すると相手は無意識に「この人は私と同じだ」という感情を抱くんです。

無意識に親近感を持ってくれるので、このテクニックは非常に有効ですよ。

さらに「共感」のテクニックを使いましょう。「共感」とは相手の言葉に感嘆の言葉で答えることです。

例えば相手が「秘書をやっているんです」と言ったら、「へぇ~!」「すごいですね!」と感嘆の言葉で答えましょう。ポイントは「心から」驚くということです。

このような感嘆の言葉をかけられると、人は嬉しいものです。自然と次の会話が生まれてくるでしょう。

コツは会話の端々に「!」をつけること。気持ちを込めた相槌をしましょう。

「反射」と「共感」のテクニックを使えば、相手は自然と饒舌になります。そうするとあなたは聞くだけです。自分から話す必要はありません。

相手は気持ちよく話すことができ、あなたの印象もアップします。簡単ですよね?

聞き上手になる会話術は、婚活パーティーでかなり使えますよ。

短い会話時間が苦手なら

大人数のお見合いパーティーでは会話時間は1人2~3分。非常に短いです。エクシオやシャンクレールなど多くの婚活パーティーはこんな感じです。

この短い会話時間では「全然話せない」と感じてる人は多いと思います。会話時間が短いと、どうしても見た目重視になりますしね。

短い会話時間が苦手なら、会話時間の長いパーティーに参加しましょう。

PartyPartyやOTOCON(おとコン)なら、少人数なので会話時間が長いです。

PartyPartyは個室で1人10分程度話すことができますし、OTOCON(おとコン)は7~10分の会話を2セット行います。トータルで15分ほど話せるので、会話でアピールしやすいです。

少人数のパーティーでは「聞き上手になる会話術」も、より効果を発揮します。

会話時間が短くて「全然話せない」という方は、ぜひ少人数のパーティーにも参加してみてくださいね。

おすすめパーティー

  1. PartyParty

    少人数のプチお見合いだからじっくり話せます。参加者の真剣度も高い!

  2. YUCO.(ユーコ)

    常連が少なく、カジュアルな雰囲気でビジュアルの良い男女が多い。

  3. ホワイトキー

    コンピューター相性診断でカップリングされやすい相手が一目で分かる!

このページの先頭へ